商社マンが真のエリートではない理由

大手商社マンが女子学生を泥酔させ…
準強制性交などの疑いで逮捕・送検された大手商社・住友商事の元社員 三好琢也容疑者(24)。被害にあったのはOB訪問に来た就活生だった。

三好容疑者は3月2日、OB訪問に来た女子大生を泥酔させホテルでわいせつな行為をした疑いがもたれている。


その後の調べで、三好容疑者が女子大生をホテルの部屋に送り届けた際に鍵を盗み、一度出たフリをして、わずか3分後に再び侵入し犯行に及んでいたことがわかった。

住友商事は事件を受け、三好容疑者を懲戒解雇とするとともに、就活中の大学生と会う場合飲酒を禁止する措置をとった。


社会人と学生をつなげるスマホアプリ「怖い」
最近では「社会人と学生をつなぐスマホアプリ」を就活に活用するケースも増えている。

しかし、企業の合同説明会に参加していた学生からは「アプリを使ってやるというのは少し危険性があるかなと」「ちょっと怖いトラブルがあったと聞いたので怖くて登録してないです」などの声が聞かれた。


OB・OG訪問のサポートに特化したアプリを運営する会社「マッチャー」には、現在7万人の学生と13万人の社会人が登録しており「自分の志望業種や職種 相談内容や場所を絞って会いたい社会人を探すことができる」そうだ。

ここでは、トラブルを未然に防ぐために 
・夜21時以降のマッチング
・個室での面談
に加えて、最近、
・面談時の飲酒
を禁止した。


「夜遅い時間に…」トラブル相談は年々増加
実際の就活で対応に困った場合、それぞれの大学のキャリアセンターに相談できる。

中央大学のキャリアセンターにはこれまで『食事に何度も誘われる』『夜遅い時間に会いたいと連絡を受けた』などの報告があった。
OB訪問をめぐるトラブルの相談は、ほとんどが女子学生からで、年々増え続けているという。

就活生の弱い立場につけこむ卑劣な行為の根絶に向け企業側には徹底したルール作りが求められている。 
スクリーンショット-2019-03-27-18.10.15-234x300


20190326224450-300x203
20190326224648-241x300


三好琢也の経歴
2013年3月:高松商業高校卒業(18歳)
2014年4月:慶応大学入学
2018年3月:慶応大学卒業(23歳)
2018年4月:住友商事入社(23歳)
2019年3月:事件を起こして住友商事を解雇(24歳)
住友商事元社員の三好琢也(24歳)が就職活動中の女子大生を酔わせて乱暴し強姦罪で逮捕された


三好琢也容疑者は

「酒が飲めないと商社ではやっていけないぞ」

などと女性に対して一気飲みを強要し、無理やり酔わせたという事です。

また、事件当時には別の男性社員も同席していました。

そこで襲う事ができないと考えたのか三好琢也容疑者は学生を宿泊先のホテルに送り届けた時にカードキーを予め盗んでおき、男性社員が帰った後にホテルに戻り、性的暴行を加えたということです。

新入社員だったので、今までそのような事を繰り返していたという訳ではないと思います。

しかし、あまりにも手口が慣れ過ぎており、同様の方法で女性を襲う習慣が業界で蔓延しており、それを三好琢也容疑者が聞いて実行した可能性も考えられます。


 


 
住友商事は謝罪
OB訪問は以前から就活セクハラの温床として指摘されていました。

OB訪問は代学生が就職活動の際に自分の大学のOBを訪問する事で、就職希望女性が性的な被害に遭う事件が多発しています。

もちろん、真面目にOB訪問を行っている人がほとんどで、会社がOB訪問を推進している場所もあります。



当社元社員の逮捕について

当社の元社員が、就職活動中の学生に対して猥褻な行為をしたとして、本日逮捕されました。
当社はこの事態をたいへん重く受け止めており、被害にあわれた方に心からお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。
また、就職活動中の学生の皆様、関係者の方々にたいへんなご不安、ご迷惑をおかけすることとなり、重ねて深くお詫び申し上げます。
当社はこのような事態が二度と起こらないよう繰り返し社内徹底してまいります。




3月27日、警視庁中央署から送検される三好容疑者
「彼は大学時代からよく女の子を"お持ち帰り"していました。自分でツイッターに『性獣、三好琢也』と書くぐらい、性欲はかなり強かったです。住友商事に内定した後も、同期の女の子に手を出したりしていたので、全然変わってないなあと思っていました。でも、まさか強姦までやるなんて……」(大学時代の先輩)

 就職活動中の女子大生・A子さんに性的暴行を加えたとして、住友商事元社員の三好琢也容疑者(24)準強制性交等の容疑で逮捕された。三好容疑者は、3月1日にOB訪問のため上京したA子さんと同社男性社員の3人で居酒屋に行き、イッキ飲みを強要して泥酔させると宿泊先のホテルに送っていった。そしてカードキーを盗んだ後、立ち去ったふりをして部屋に戻り、A子さんを強姦したのだ。

 事件を起こした三好容疑者は香川県高松商業高校を卒業し、1年の浪人を経て慶應大学法学部に入学。大学では拳法部に所属するコワモテだった。

「小学校から高校まで空手をやっていたらしく、空手三段、拳法二段の有段者。かなり武術の心得はありました」(同前)

 大学卒業と同時に住友商事に入社し、営業部門に勤務していたという"エリート"がなぜこんな事件を起こしたのか。

 その背景には大手商社独特の新人採用システムがあるという。

 某商社の20代社員はこう語る。

「大手商社を受ける学生は、少なくとも10人以上OB訪問をしています。というのも面接の途中で、『何人OB訪問した?』 『一番よかったのは誰?』といった質問をされることが多いからです。OB訪問が実際にどの程度採用に影響するのか会社によって違うとは思いますが、志望する学生のほうはOB訪問が極めて重要と思い込んでしまっている」

 そんな学生の弱みにつけ込んだのが、三好容疑者だった。『人生を無駄にしない会社の選び方』の著者・新田龍(りょう)は、こう警告する。

「かつてのOB訪問は、志望する会社に勤務している大学の先輩をツテとして訪問する方法でした。ところが最近は、大学の就職課などを通さずに誰でも志望する会社の社員と直接コンタクトを取れる『OB訪問アプリ』がある。これが出会い系サイトと化しているのです。

 就活生は、ネットの発達で妙に頭でっかちになっていて、『会社の公式サイトなど表の情報だけを鵜呑みにしていたら勝ち抜けない』と裏読みをし、非公式に社員と会うことで自分は特別な情報を得ていると思い込む。そんな状況で、OBから『じつは自分はリクルーターで、面接用の評価マニュアルを持っている』と言われたらどう思うか。言葉巧みに誘い出され、言うことを聞いたら選考も通してやる、と言われて真に受けてしまう学生も多い」

 全国紙で就職活動に関する連載記事を寄稿していたジャーナリストの石渡嶺司氏はこんな指摘をした。

「(逮捕された三好容疑者は)入社1年目でまだ仕事も満足に任されておらず、社内ではいわば抑圧された状態だったのでしょう。それでいて就活を乗り切ったという自負は強い。そんな人間がリクルーターという制度で就活生に対して強い立場に立ち、しかも"自分に役得があったっていいじゃないか""相手がいいと言ったら自由恋愛だ"と考えた結果、最悪のケースが起きてしまったのかもしれません」

 エリート意識丸出しで、内定のカードをちらつかせ女子大生を強姦した三好容疑者の犯行は卑劣極まりない。同様の事件が二度と起きないようにするために、厳罰を受けるべきだろう。

住友商事は、事態を把握した3月上旬には三好容疑者を懲戒解雇にしていた。


これが財務省のエリート幹部であれば、戒告程度で済みます。実際にニュースで報道され、過去に不祥事を起こした、財務省のエリート幹部候補生は、しばらくの謹慎の後、職場復帰したり、財務省のコネで、会社の監査役などをしています。しょせん、エリートと言っても、国の中枢を担うエリートとは違うのかもしれません。