豚(とん)コレラ 食べたらどうなる?

 農林水産省は6日、岐阜、愛知、滋賀、大阪、長野の5府県の養豚場で家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の感染を確認したと発表しました。豊田市の養豚場は1月以降、1千頭を超える子豚を愛知を含む6府県に出荷し、三重を除く5府県で感染が確認されています。愛知県豊田市の養豚場の豚が感染し、そこから子豚が出荷された5府県の養豚場に被害が広がったと見ています。豚コレラは昨年9月、国内の施設では26年ぶりに岐阜県内で確認され、封じ込め策が進められてきたが、被害が一気に広がったそうです。

長野県宮田村の養豚場には、豚の異常に気づいて愛知県の家畜保健衛生所の立ち入り検査をうけたあとに、出荷していたといいます。(感染の疑いを把握していたのに)出荷を抑制する措置がとられなかったのはなぜなのか?畜産関係者からは疑問の声が上り、 長野県の阿部守一知事は6日の会見で、「(感染の疑いを把握していたのに)出荷を抑制する措置がとられなかったのはなぜなのか、確認しなければいけない」苦情を言いました。

 政府は6日夕、関係閣僚会議を開き、早期の終息に向けて政府をあげて取り組むことを確認。菅義偉官房長官は「政府と関係自治体が緊密に連携し、さらなる感染の拡大を防がなければならない」と述べた。

 5府県では、計約1万6千頭の殺処分が進められている。農水省は、愛知県に疫学調査チームを派遣し、感染経路の確認を始めた。
AS20180914002436_commL



コレラ(とんコレラ<ぶたコレラ>、英: classical swine fever, hog cholera)は、Flaviviridae,Pestivirusによる豚のウイルス性疾病であり、症状はコレラとは異なる。豚及びイノシシに特有の病気でありヒトには感染しないWIKI

 

コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはなく、仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はありません。

 ウイルスにはそれぞれ感染しやすい動物があり、豚コレラウイルスは、豚やいのししなどのイノシシ科動物に感染するウイルスです。インフルエンザウイルスのように、もともと幅広い動物種に感染しやすい性質を持っているウイルスもありますが、豚コレラウイルスは、人には感染しないウイルスです。

2019年2月2日にEPAが発効され、ヨーロッパ産の食用肉と日本の国内農業者は戦わなくてはなりません。また、2018年12月30日に発効されたTPPの存在を考えると、こういったことで風評被害が起き、結果日本の畜産農家が打撃を受けることは避けなければなりません。ただ、ウィルスは、非常に変則的な生き物なので、どう変化するかわからないので、注意が必要になります。