代理婚活は意味がない?

 価値観の多様化で、ほとんどの人が結婚した「皆婚社会」は終わりを迎え、男性の4人に1人、女性の7人に1人が一度も結婚しない時代になった。そんな中、結婚こそが幸せと、独身の子どもの嫁・婿探しに奔走する親たちが増えている。大盛況の「代理婚活」から見えてくる親心とはーー。
“本人不在”で親が白熱、シビアな「婚活イベント」
2017年6月の日曜日。東京駅近くにあるオフィスビルの会議室に、中高年の男女約200人が吸い込まれるように入っていった。独身の子どもに代わって親が結婚相手を探す「代理婚活」の交流会。主役はこの場にはいない息子と娘だ。

 

事前に参加者の子どもの職業、学歴、身長と体重、転勤の有無、相手に求める条件などが書かれたリストが配られているため、気に入った人の席を順番に回っていく。

 

「初めまして」「すてきな娘さんですね」。向き合うと、あいさつもそこそこにお互いの子どもの写真とより詳しいプロフィルが書かれた身上書を見せ合い始めた。

 

交流会の主催は住宅メーカー「ミサワホーム」(東京)の子会社。数年前に親の代理婚活を手掛ける「良縁の会プロジェクト」を始めた。

 

今年8月末現在、首都圏のほか北海道から福岡まで約180回開催し、延べ3600人が参加。報告があっただけでも50組以上が成婚した。交流会の参加費1万円程度を負担すれば、入会金や成婚料はかからない。

 

担当者は「結婚後、家の購入やリフォームのときに親会社を選択肢に入れてもらうことが主な目的。ボランティアのようにやっている」と説明する。 

 

「代理婚活」の相談会@共同通信社
この日の交流会に参加した人の子どもの年齢は、男性25~51歳、女性24~45歳。両親そろっての参加も多く、北海道や九州から飛行機で駆けつけた人もいた。

 

プロジェクトのコーディネーター小林美智子さん(※筆者注:彼女のみ実名)は「今は結婚相手と出会うのが大変な時代。親はわが子の性格をよく理解しているので、出会いの可能性を広げることができる」と解説する。

 

親同士が合意すれば、写真と身上書を交換して持ち帰り、双方の子どもが希望したらお見合いをするシステム。目の前で繰り広げられた光景は、普通の婚活パーティーよりもはるかにシビアで単刀直入なやりとりだった。

 

息子の相手を探す父親が「年収は700万円ですが、転勤があります」と打ち明けると、相手の母親は「一人娘なので東京以外に嫁がせるつもりはありません」と身上書の交換を拒んだ。

 

東大卒の国家公務員の息子を持つ母親の前には女性の親の行列ができていた。まるでオーディションのように「うちの子は料理が得意なんです」「趣味が合うはず」と次々とアピールをしていく。

 

一方、30代の長男の結婚相手を探す父親は、「こういう場所では高卒だとなかなか目に留めてもらえない」とこぼした。

 

「孫の顔が見たい」という思いも直球だ。72歳の母親は、48歳の息子の花嫁候補を20代に絞り、リストを見ながら候補者の席をくまなく回っていた。年の差を理由に断られ続けたが「息子は若く見えるし、若い女性なら孫を2人は産めるから」とめげない。

 

本当に、大人の男女が結婚という人生の決断を親任せにしているのだろうか。ふと、机の上に置かれた写真を見ると、スーツ姿のまじめそうな40歳前後の男性が桜をバックにほほえんでいた。

 

母親は「この会のために、息子と場所を相談して撮影しました。彼は『母さんが選んだ人なら間違いない』と信頼してくれています」と教えてくれた。交流会の参加には、事前に子どもの了解を取ることが条件になっているという。

 

親同士はあくまで「橋渡し」で、ここからが勝負。参加者たちは、交換した資料を大切そうに抱えて家路に就いた。「平凡でもいいから幸せになってほしい」
小倉良枝(66)は代理婚活を続ける母親の一人。昨年6月に開かれた。良縁の会プロジェクトの交流会にも参加した。それから1ヵ月後、自宅のポストに届いた白い封筒を見つけ、ため息をついた。「まただめだった…」

 

良枝は東京都の郊外で夫の充(73)と食料品店を営んでいる。封筒の中身は、家業を手伝う長女芽衣(36)の写真と身上書。交流会のときに参加者の親と交換したものだった。

 

個人情報が含まれているため、断りを入れる場合は相手に返送することになっているが、丁寧に「うちの息子には立派すぎてもったいない。今回のお話は遠慮させていただけませんか」という手紙まで同封されていた。 

 

小倉良枝さん(仮名)@共同通信社
良枝たちは10年前、人と打ち解けるのに時間がかかる芽衣に代わって婚活を始めた。芽衣には20代の頃、店の客に紹介を頼んで結婚寸前までいった男性もいたが、うまくいかなかった。

 

6年前から参加している代理婚活はで実際にお見合いをした人もいたが、今回のように会う前に断られることが多い。少しでも出会いにつなげようと充が「箸にも棒にもかからないかもしれませんが、一度だけでもお会いいただけませんか」と気に入った相手の親に手紙を出したこともあった。

 

芽衣は専門学校卒。良枝は返却された身上書を眺めながら「年齢や学歴だけでなく、もう少し人物本位で見てくれたらいいのに」と目を伏せた。

 

良枝は取引先の会社で働いていた充と21歳で結婚し、長男(44)と芽衣を授かった。「苦労も多かったけど、子育てを経験して夫婦で成長できた。娘も結婚して子どもを育てて、平凡でもいいから幸せになってほしい」

 

芽衣の将来に対する心配もある。長男は2011年に結婚し自分の家庭を築いた。ずっと手元で育てた娘は精神的にも、経済的にも自立していない。

 

自分たちの死後、1人になって寂しい思いをするのではないか。人生の伴侶を見つけることが唯一無二の解決策だという焦りが募る。

 

断りが続いたせいか、最近芽衣は「婚活」「お見合い」をかけると嫌がるようになった。「親が子どもの結婚に出てくるなんておかしい」「そこまでしなくても」という批判もたびたび耳に入る。

 

充と良枝にも「人生は自分で切り開いた方が本人のためかもしれない」という葛藤はあるという。それでも、奥手な愛娘の幸せを願うのは「親心」だと考えている。

 

「お母さんはお母さん、私は私」親の希望に応えられない」…反発と申し訳なさ
一方の子どもは自分に代わって必死に婚活している親に何を思うのか。

 

「ありがたい」と「放っておいて」が半分ずつーー。芽衣は両親に対する正直な気持ちをこう表現する。

 

女子高出身で、卒業後は女性が多い製菓の専門学校に通ったため、異性と話すのが苦手。友人に誘われて合コンに参加したときも、その場の雰囲気になじめず「早く帰りたい」としか思えなかった。

 

27歳の時、親が持ってきた縁談がとんとん拍子に進んで婚約。しかし、さまざまな事情が重なり、両家で話し合って破談になった。「本当にその人のことを好きだったのかはよく分からない。でも侮辱されたようでつらかった」と振り返る。 

 

そんな娘の将来を思って30代に入ってからも、両親は見合い話を次々と持ってきた。

 

しかし、実際会っても、明らかにやる気がない態度だったり、デート中に道に迷ったりと、相手に落胆してばかり。会話が続かず30分足らずでお開きになってしまったこともあった。

 

今まで「いいな」と思った男性はいない。

 

最近は、会う前に写真と身上書が返ってくることが多い。身上書には、料理教室に通い、趣味でアクセサリーを作っていることなど、家庭的で器用な部分をアピールしている。実際に会いもせずに断られる理由が分からず、困惑してしまう。

 

理想は少し年上で離婚歴がなく、会話が楽しく、たばこを吸わない人。専業主婦になって、子どもも欲しいので、収入が安定している人がいい。

 

とはいえ、「家事手伝い」で会社勤めではないため、普段の生活で異性との出会いはなく、好きな人もいない。だから、おっとりした自分に代わって熱心に代理婚活をしてくれる両親には感謝している。

 

普段は結婚についてプレッシャーをかけてくることはほとんどない母から「あなたの年齢のとき、お母さんは子育てのまっただ中だったんだからね」と言われたとき、「お母さんはお母さん、私は私でしょう」と少し強い口調で返した。

 

「耳障りなことを言われると反発してしまうのは、親の希望に応えられていないのが分かっているから」。

 

交流会から1年あまり。まだ芽衣の結婚相手探しは続いている。

まとめ・・・
代理婚活は、意味がありません。男性も女性も、そこまで、結婚に対して前のめりではないからです。また、今後、日本は、軍事大国になるかのせいもあり、せっかく、子供を出産しても、かわいい、息子や娘が軍隊にに取られる可能性があります。ですから、そこまで、結婚に対して焦る必要はないと感じます。だからといって、妥協で結婚しては、ダメです。離婚の可能性が格段に上がるからです。ワーキング女性は専業主婦女性に比べて離婚率が27倍高いそうです。

 

また専業主婦の幸福度はどの職業よりも高いそうです。正規雇用女性が幸福と回答したのは20パーセント代で、専業主婦は倍以上の60パーセント以上が幸せだと回答してます。パート主婦が30パーセント代だそうです。
幸福度の点数も専業主婦が一番高いそうです。


親による代理婚活で起こるトラブル事例
代理婚活はメリットもありますが、トラブルに繋がる可能性も。未然にトラブルを避けるために、代理婚活について理解を深めておきましょう。


代理婚活とは、本人に代わって親や兄弟など近しい身内が婚活を行なうことです。とはいっても、兄弟が代理婚活をするのはかなり珍しいケースのようで、親によるものが一般的。わが子を思う親の愛が見えます。しかし、子どもを想うあまり、良かれと思った行動が金銭トラブルに繋がり、子どもとも仲たがいする可能性もあるので注意したいところです。

代理婚活のデメリット
代理婚活のデメリットは次の3つです。

本人と親の間で「婚活に対する考え」に対し相違が生じる
親の主観が強くなり、子どもが意見できなくなる
親が子どもの許可を得ずに、情報提供や契約を行なうケースがある
代理婚活のデメリットいくら代理婚活とはいえ、実際に結婚するのは親ではなく子ども。忘れてはならない事実です。ただ、家族といえども別の人間。常にしっかりと話し合わなければ、気付かぬ間に相違が生まれてしまいます。

未婚化が進んでいる現代では、恋愛意欲そのものが下がり「結婚できたらいいな。でも、1人でも別に困らないし」という考えの人もいるのです。子どもと親の、婚活に対する意識そのものがズレている可能性について知っておきましょう。

もしそこを擦り合わせることなく進めてしまうと、親が婚活に関する費用を払っていることに引け目を感じる子どもは意見しなくなります。「子どものため」と思っていたはずが、いつの間にか子どもを無視した独断思考の婚活になっていることに、気づかない親は意外と多いのです。

親の「良かれと思った」精神は、トラブルを招く危険性があります。これでは「自分に確認することなく、第三者に個人情報を提供された」「知らない間に親が婚活機関と契約していた」など、子どもたちから怒りの声が上がることもあります。

本人の許可なく契約した親は「私がお金を払っているのだから」と、悪びれないですが、契約は本人がするものです。

さらに時に、親の安易な考えはガードが堅い本人よりも付け込みやすいと、詐欺のターゲットにされる場合があります。次のようなトラブルに繋がらないよう、十分注意してください。

親による代理婚活でトラブルを起こさない結婚相談所まとめ
代理婚活のトラブル事例1:自覚のない違法契約
代理婚活イベントを行なっているからと、登録や入会の手続きまで親が代理で行なってしまったケースです。

いくら代理婚活を推奨している婚活会社でも、会員となるのは親ではなく本人。契約手続きをするには子供の本人確認書類が必要です。戸籍謄本はもちろん、独身や学歴、現在の在籍や収入がわかる証明書などの提出も求められます。

家族とはいえ、本人以外の人間が許可を得ずに、名前を使用し契約を結ぶ行為は違法です。勝手に情報を提供したとわかり、子供からの信用を失うことにもなりかねません。

「家族なのだから大丈夫」「子供のためにやっている」という、家族愛ゆえの安易な気持ちから起きてしまったトラブルに発展しないよう注意しましょう。

代理婚活のトラブル事例2:親子関係の破たん
結婚に対する意識は、家族であってもそれぞれ異なるもの。それを理解する前に、関係が崩れてしまった事例です。

団塊世代の親は、結婚適齢期に沿った人生設計を考える時代を歩んできました。自分がそうだったのだから、子供も同じ考えだと疑っていなかったようです。

しかし、独り身で人生を満喫する人が増えている昨今、子供は結婚を重要視しない人生も視野に入れていました。親はその考えが理解できず、心配から「なぜ焦らないの?」「将来のこと、考えているの?」と、言葉を投げかけたのです。

結婚観が違うだけで、子供は生涯設計を立てていないかったわけではありません。お互いに「なぜ理解してくれないんだ」と逆上してしまった結果、親子関係が崩れてしまったそうです。

代理婚活のトラブル事例3:本人は興味がないのに断れない
代理婚活は、本人不在のなか親同士で話が進みます。これは、子供のお見合い相手として家柄や価値観を見極めるはずが、親同士の会話が盛り上がりすぎてしまい起こった事例です。

結婚を前提にしているとはいえ、あくまで人と人の出会いですから、親同士の話が弾むこともよくあります。「親が仲がいいのは別!最終決定は子どもにある」と考えられれば良かったのですが、会話が弾んだテンションで「ぜひうちの子たち同士を結婚させましょう!」なんて、話を進めてしまったのです。

うまくいくと思っても、それはあくまで第三者の推測でしかありません。本人たちから「この人とお見合いするのは気乗りしない」「結婚は考えられない」と言われて初めて、断りづらい状況に気付いた親。勝手に話を進めてしまったことで、断れない状況と子供との板挟みに合い、苦しむことになったのです。

代理婚活のトラブルを防ぐには
代理婚活のトラブルを回避するには

事例を見てみるとわかるように、代理婚活のトラブルは子供の幸せを願う気持ちが仇となり起こっています。

「子供のことを思うからこそ、経験を踏まえたアドバイスをしたい!」という親の気持ちは、痛いほどわかります。けれど、本当に子供の幸せを願うのであれば、子供の意見を尊重することがなによりも大切なのです。あくまで代理だということを忘れず、冷静にサポートすることが子供に対してできることでしょう。

もし「子供が自分の気持ちをあまり話さない」「子供のことになると、心配で熱くなってしまう」という場合は、トラブルを招く可能性が高いので、プロの手を借りてください。次のページで、安心して代理婚活ができる結婚相談所をまとめました。