根尾昂選手の将来性 メジャーリーグへの挑戦

 

f:id:PINV25E:20181026153004j:plain

初戦から決勝まで圧倒的な強さをみせた大阪桐蔭ですが、その中でも注目を集めていたのはやはり根尾昂選手ではないでしょうか?

勝戦でも本塁打を放つなど見事なバッティングを見せてくれた根尾昂選手ですが、

「長打力があり広角に打てるバッティングセンス」だけでなく、「MAX148km/h・遠投110m」「50m6秒1の俊足」といった走・攻・守の三拍子揃った万能選手なことで有名ですよね!

それ以外にも

・小学生の時にストレートMAX128km/hを記録し、当時の新聞に取り上げられる。
・小学5年生の時の陸上大会で100m全国5位。
・小学6年生の時のソフトボール投げで歴代1位の89mを記録。
中日ドラゴンズジュニアに選抜される。
・JUNIOR ALL JAPANに選出され、世界少年野球大会に出場。
・全国中学スキー大会男子SLで優勝。
・中学3年生でMAX146km/hを記録。

 

根尾昂の出身地は?
根尾昂選手は大阪にある大阪桐蔭高校に在学していますが、出身地は岐阜県飛騨市です。

飛騨市岐阜県の最北緯に位置しており、2004年に吉城群古川町神岡町・河合村・宮川村が合併してできた比較的新しい市ですね。

周囲は3000mを超える北アルプス飛騨山脈などの山々に囲まれたとても自然に恵まれている地域であり、平均気温は年間を通して11度。

特に神岡町・河合村・宮川村は特別豪雪地帯ですから、スキーが得意な根尾昂選手にとって幼い頃から雪は身近なものであったのでしょう。

f:id:PINV25E:20181026153249j:plain

また最近では、大ヒット映画「君の名は。」の主人公・宮水三葉が住む糸守町のモデルとなったことでも注目を集めており、作中には「飛騨古川駅」をモデルとした駅も出てきています。

f:id:PINV25E:20181026153737j:plain

f:id:PINV25E:20181026153807j:plain


・国の史跡に「高原諏訪城」がある。
・県指定の史跡に「増島城」がある。

といった歴史的・文化的に価値の高い市なんです。

 

根尾昂の身長は?
根尾昂選手の身長は公式の情報によると、身長177cmで体重76kgだそうです。

高校生男子の平均より大きめではありますが、スポーツ選手としてはそれほど大きいというわけではありませんね。

ちなみ田中将大投手は191cm・ダルビッシュ有投手は196cm・大谷翔平投手は193cmですから、投手として考えると
少々見劣りする印象があるかもしれません。

大阪桐蔭のOBである阪神藤浪晋太郎選手も197cmとかなり高身長ですね!

ただ根尾昂選手の177cmという身長は決してプロでは戦えないという身長ではなく、松井稼頭夫選手(177cm)・仁志敏久選手(171cm)・赤星憲広選手(170cm)・桑田真澄選手(174cm)など170cm代の名選手やそれ以下の160cm代でも活躍している選手がたくさんいらっしゃいます。

 

男性は20歳頃まで身長が伸びる方も一定数いらっしゃいますから、根尾昂選手がこれからまだ大きくなる可能性もありますよね。

どちらにしても長打力のあるフルスイングや身体能力の高さ・技術力など野球センスは既にプロのスカウト陣が舌を巻くほど一級品ですから、プロの世界でも活躍してくれることは間違いないでしょう!

 

 

根尾昂選手の家族についても調べてみました!

大阪桐蔭・根尾昂は兄弟も凄い!
根尾昂選手は3姉弟の末っ子であり、

5歳上の姉「根尾春陽さん」
3歳上の兄「根尾学さん」

がいらっしゃいます。

中学時代成績オール5など文武両道を絵に描いたような選手として有名な根尾昂選手ですが、ご兄弟も負けずに凄い方たちなんです!

まず姉の根尾春陽さんは富山大学の医学部看護科を卒業し、現在看護師として働いてます。

学生時代はスキーと陸上をしていたそうで、小学生時代から陸上やスキーで活躍していた根尾昂さんも姉の根尾春陽さんから影響を受けて始めたのかもしれませんね。

そして兄の根尾学さんですが、根尾昂さんが野球を始める影響を与えた人物です。

兄の根尾学さんも岐阜県立斐太高校時代に野球部でエースを務めていた経験があり、2015年の夏の岐阜県大会では準優勝の実績もあります。