ミスター慶応の渡辺陽太の交友力?



東京・港区の麻布十番駅から坂を上ること5分。多くの大使館がある超高級住宅街に、ミスター慶応ファイナリストのレイプ犯の自宅はあった。部屋の一部の電気はついていたが、人のいる気配はなし。インターホンを押しても反応はなかった。

 9月29日早朝4時すぎ。慶応大経済学部2年の渡辺陽太容疑者(22)は、横浜駅近くの路上にいた女子大生(19)に声を掛けた。お互いに面識はなく、別の店で酒を飲んで1人で帰るところだった。渡辺容疑者は酩酊状態の女子大生を近くの雑居ビル1階に連れ込み、下着を剥ぎ、踊り場で20分間にわたってレイプ。防犯カメラには2人がビルから出てきて、渡辺容疑者が下半身だけ下着姿の女性を抱えている姿が写っていたという。

 陵辱後、渡辺容疑者は女子大生をタクシーに乗せ、150メートルほど先の神奈川区まで移動。女子大生をタクシーから降ろすと、路上に引き倒して頭を足蹴りにし、腹に蹴りを食らわせた。女性が一方的に暴行されている様子を目撃した男性通行人が110番通報。駆け付けた神奈川県警の署員に暴行容疑で現行犯逮捕され、今月16日に準強制性交の疑いで再逮捕された。

 渡辺容疑者は千葉出身で県内有数の進学校へ入学するも、問題を起こして1年で中退。スイス、ニュージーランドへの留学を経て慶応大に進学。2年前、ミスター慶応コンテストに応募し、ファイナリストに選ばれた。その際、「グランプリをとって家族をさらに幸せにしてあげたい」と語っていたが、今頃、家族は打ちひしがれていることだろう。

「渡辺容疑者の祖父は、愛媛県今治市の農家出身です。60年ほど前に上京し、一代で土木関係のグループ企業を築き上げた。親族らに、いくつかの事業を継がせ、渡辺容疑者の父親は、複数の会社の代表と、老人ホームの理事長などを務めています」(地元の関係者)

■元麻布の自宅は家賃100万円超

 渡辺容疑者が住むくだんの港区元麻布のマンションは、敷地面積約450平方メートルの4階建て。ワンフロア1世帯のみで、入居者は渡辺容疑者を含めわずか3世帯だという。

「専有面積は200平方メートル以上で、間取りは4LDK。家賃は100万円以上します。外国人向けに建設されたものです」(地元不動産業者)

 マンションは個人の契約ではなく、母親が代表取締役で渡辺容疑者本人も役員を務めるA社の所在地になっている。

「A社の事業目的は『老人ホームの運営』『芸能タレントのマネジメント及びプロモート業務』などですが、表札に『わたなべ』と書いてあるぐらいですから、実体はなさそうです。A社は千葉市中央区にも約660平方メートルの土地を所有しています。延べ床面積400平方メートル以上の鉄筋コンクリートの豪邸が立っていて、もともと父親が所有していましたが、9月末、所有権をA社に移転し、渡辺容疑者も父親も、その住所で会社の登記をしています。父親の会社は千葉市若葉区ですから、そこに住んでいるのでしょう。渡辺容疑者は、母親が代表のA社と父親が代表のB社の役員に名を連ね、自らも土木工事業のC社の代表取締役に就いています」(前出の地元関係者)

 何不自由ない生活を送っているうちに、何でも許されると思うようになったのか。NiftyNEWS

実を言うと、ニュースでは、千葉県有数の進学校出身と言われていますが、昭和学院秀英中学校・高等学校は、東大付属東邦や渋谷幕張などの比べ、私立の中高一貫校の位置づけとして、進学校とは言い切れません。というより、東京の、城北、攻玉社、渋谷教育渋谷、世田谷学園、本郷などの中堅校よりも遥かに落ちます。また、親の仕事も胡散臭いと評判です。

調べたところ父親の名は渡辺哲也さんというらしいです。


渡辺哲也さんは祖父の渡辺元さんが立ち上げた会社「地商土木」グループから独立し、第一元商グループを立ち上げ、現在は株式会社Kスクエアという「建設・土木業、プラント作業員を全国から募集している」会社の社長だそうです。

渡辺哲也

しかもこの会社を立ち上げるまでに8社も会社を経営しています!

かなりやり手だということが伺えますね。

渡辺陽太の祖父・渡辺元は地商土木の会長で地元の権力者だった
父親の哲也さんが手広くビジネスをしているのは祖父の影響も大きいようで、渡辺陽太容疑者の祖父は、千葉県では有名な「地商総業(地商土木)」という会社の会長だそうです。

(株)地商総業創立40周年祝賀会
政財界などから800人出席、盛大に開催

千葉市若葉区桜木に本社がある(株)地商総業(渡邉元会長)の創立40周年記念パーティが4月19日(金)正午から美浜区ホテルニューオータニ幕張で 国会議員、県会議員、熊谷千葉市長、市議会議員などの来賓と関係者およそ800人の出席者を集め盛大に開催された。

(株)地商総業の創業者渡邉元(74歳)代表取締役愛媛県の出身だが、千葉市で一番元気のある優良企業である。

渡邉元氏は愛媛県今治市の開拓農家の長男として生まれ、高校を卒業後裸一貫で上京、
企業を起し、わずか40年で今日の地商グループを築いた大実業家として知られている。
(稲毛新聞)

祖父の渡辺元さんは現在74歳。韓国生まれで愛媛県の出身だということですが、裸一貫で起業して成功。

今では千葉の地元の有力者で、自身でCDを出されるほど歌がお好きなようで、千葉テレビのカラオケ大賞21の番組のスポンサーにもなっているそうです。




黒い噂、地商土木が貧困ビジネスって何?
渡辺陽太容疑者の父親と祖父が経営しているらしい「地商土木」はネットで会社名で検索すると予測変換に「貧困ビジネス」と表示されるのですが、何なのかと調べてみたらなんだか胡散臭い情報がでてきました。

2016年度ミスター慶應で準強制わいせつ罪で逮捕された渡邉陽太(渡辺陽太)君の祖父:渡邉元氏が経営する株式会社地商土木は、暴力団稲川会大草一家を使って貧困ビジネスや土建業を手広く行っているって本当ですか?過去の犯罪も揉み消して来たって本当ですか?

いわゆる「ホームレスや前科があって、世の中に貢献できない人々(貧困層の人々)を集めて仕事をさせ、お金を得る違法営業の会社」だといわれているようです。

そして暴力団とも繋がりがあるのだとか・・・。



千葉市中央区若葉区に暗躍する第一元商という 地商土木会社が経営する有料老人ホームは貧困ビジネスの典型。

男性しか入居が出来ないのですが、同じ敷地内に 土木作業員の飯場があり、 若い人向けの貧困ビジネス施設に併設されています。

食堂はこれらの人が共有で、トイレ、風呂、ゴミ捨て場 を入居老人に当番制で掃除をさせるという有り得なさ。
殆んどの入居者が生活保護受給者で、入居の際に強制的に 通帳を取り上げられ、通帳が無いホームレスだった方等は 同伴で通帳を作りに行かされます。

扶助費のうち住宅扶助費45000円、食費45000円 その他配膳が必要な人は月3000円、 病院等の送迎1回につき500円を搾取され 手元に残るお金は僅かなので、身動きがとれず 囲い込まれます。

施設長は入居者に怒号をあげたり叩いたり 虐待もしています。

部屋の広さは四畳程度で風呂トイレは共同で、 トイレにある洗面所は湯沸し器すらありません。 この間取りで住宅扶助費上限額を設定するボッタクリ様。

生活保護費は入居者全ての分を施設員が取りに行き 受給日から5日後に配給するように老人を並ばせて 配るシステムです。
昨年までは常勤の施設員に介護に関する有資格者が おらず、日中のみ介護ヘルパーがパートで来るのみ なので、夜間は施設員は不在です。
1年の間に10人程度朝出勤してきた施設員に 部屋で亡くなっている状態で発見される有り様。

10月16日、準強制性交容疑で神奈川県警神奈川署に逮捕された、慶應大学経済学部2年の渡辺陽太容疑者(わたなべ・ようた、22歳)。「ミスター慶應2016」ファイナリストの1人だった彼が起こした行為は、酩酊状態で歩いていた面識のない女子学生(19歳)を雑居ビルに連れ込み乱暴。その後タクシーで移動し、路上で被害女性の腹を蹴っていたところを通報され、現行犯逮捕されるというもの。その卑劣すぎる犯行に怒りの声を挙げる人が多い。

◆「ミスター」と呼ばれるだけでも天狗に

 ミスター慶応コンテストを主催するのは、慶大学生たちによる「CYTRON」(シトロン)という団体だ。学生時代、その団体と近しい立場にいたという慶応OB(20代前半)はこう語る。

「ミスターのファイナリストに入れば、学校の中で『ミスター』と呼ばれます。仲間内だけでなくゼミとかでもそう呼ばれるようになります。『それだけかよ』って思うかもしれませんが、その肩書きがついただけでも調子に乗ってしまうんですよね。学内での地位が一気に上がるというか。

 僕が現役だったころ、実際に『慶応に入れただけで日本人の上位1%で、なおかつミスターの肩書きを得られれば、もう怖いもんなしじゃん』みたいな発言をしている学生がいましたから(笑)」

 慶應大学のミス&ミスターコンテストといえば、芸能人も輩出している、華やかで注目を集めるイベント。調子に乗るのも不思議ではない。

 ちなみに、「CYTRON」とは別団体だが、「ミス慶応コンテスト」を運営していた広告学研究会は、2016年に集団準強姦事件を起こして書類送検され、解散したことは記憶に新しい。

 慶応だから悪さをすると言うつもりはもちろんなく、そもそもの人間性の問題なのは言うまでもない。だが、世間が慶応ブランドを高く見積もりすぎることも影響しているだろう。前出の男性が、ミスターの肩書きを持つ慶応学生が思わず『調子こいてしまう』理由として、さらにこんなエピソードを話してくれた。

◆有名アイドルとの合コンも

「東京中のミスター・ミスたちがファイナリストなども含めて一堂に集まるパーティーが、渋谷のクラブを貸し切ってよく行われます。そういう会を重ねるうちに、各大学のミスター同士が親しくなって、合コンでもやろうかみたいな流れになるんです。

 そういった合コンでは、名のあるアイドルなんかが参加するようなモノもよく行われていて。やっぱり並いるミスターの中でも、ミスター慶応のモテっぷりは群を抜いているんですよね。実際にアイドルと肉体関係を持てたりするんです。ミスターの肩書きを得ただけでテレビで観るアイドルと遊べるんですから、まあ調子に乗っちゃうのも無理はないですよね。

 で、そういった先輩たちの逸話のようなものが新たに入学してくる学生たちにも広まるので、『ミスターの肩書きさえ得られれば権力を笠に着られる』と勘違いするんです」

 華やかな大学生活などとは無縁だった記者からすると想像できない世界だが、前出の男性はこう続ける。

「でも実際に、周りがチヤホヤするっていうのは本当なんですよ。例えば合コンでも、ミスター慶応を連れていくって女子に言うだけで、彼女たちのやる気が俄然上がりますからね(笑)。まあルックスはもちろん良いですし、女性だけではなく、企業だってチヤホヤするし。なんだかんだ言って、やっぱり慶応ブランドの効果は絶大ですよ」

 前述の通り、今回の事件は渡辺容疑者の人間性による部分が大きいだろう。だが、周りからチヤホヤされまくったために「俺は無敵だ」などという勘違いをしていた可能性もある。今後は、しっかりと分別のある学生だけが「ミスター」の称号を得てほしいものである。〈取材・文/日刊SPA!取材班〉