イニエスタ はやくも後悔?来なきゃよかった・・・

?2018年7月22日 19時36分 デイリースポーツ
後半、ピッチに登場したイニエスタ(右)=ノエビアスタジアム神戸
写真拡大

 「明治安田生命J1、神戸-湘南」(22日、ノエビアスタジアム神戸

 神戸にスペイン1部バルセロナから完全移籍で加入したW杯ロシア大会スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が2点を追う後半14分から途中出場。Jデビューを飾った。

 クリムゾンレッド背の背番号「8」のユニホームをまとったイニエスタは前半終了間際からアップを開始。後半14分にFW渡辺と交代。4-3-3と変更した布陣のトップ下に入った。

 華麗なスルーパスなどイニエスタがボールを持つたびに、満員のスタジアムは大歓声。しかしこの日の神戸は不振。後半22分には守備を崩され、湘南FW菊地に3点目を奪われる。厳しい状況に追い込まれた。

 


【イニエスタ】Jデビュー戦、タッチ&プレー集 ヒールにノールックパス、ボレーシュートも! Andrés Iniesta、Japan début!

 

 正直、世界最高峰のチームバルセロナの中盤とJリーグでこんなに差があるとは思いませんでした。すでにペースが違いすぎますし、技術的にも違います。イニエスタのパスが全くFWに通りません。

 

f:id:PINV25E:20180723000111j:plain

 

アンドレス・イニエスタ・ルハン(Andrés Iniesta Luján)

生年月日:1984年5月11日 

スペイン・アルバセーテ県フエンテアルビージャ(Fuentealbilla)出身

この地はローマ時代以来塩田で有名で、1990年代まで塩の生産がおこなわれていた。紀元3世紀の貯水槽が残されている。フエンテアルビージャ(Fuentealbilla)は、スペイン・カスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセーテ県ムニシピオ基礎自治体)。県都アルバセーテから43kmに位置する。2011年の人口は2,029人(スペイン国立統計局)。自治体内はボルマーテとカンポアルビージョの小地区に分けられている。

f:id:PINV25E:20180723000456j:plain

 

f:id:PINV25E:20180723000518j:plain

f:id:PINV25E:20180723000535j:plain

 

8歳のときに地元アルバセテ・バロンピエの下部組織に入団した。12歳の時に出場した全国大会ではほれぼれするほどのドリブル能力と視野の広さを見せ、様々なクラブから注目を集めた。レアル・マドリードの下部組織に入団する予定だったが、両親の意向で取りやめられ、両親とFCバルセロナの下部組織寮(ラ・マシア)を見学して好印象を持ったことからFCバルセロナに入団した。それ以降バルセロナ(ユース)を経て、2002年10月29日のUEFAチャンピオンズリーグクラブ・ブルッヘ戦でデビューしました。そして、去年バルセロナを退団し、32億円の年俸でJリーグの神戸ヴィッセルと契約をしました。バルセロナ時代も、約9億2,000万円ほど稼いでいたので、スポンサー料などを含めると、すでに総額100億円近く稼いでいる可能性もあります。

 


Andres Iniesta ● Tribute To A Legend | 1996 - 2018

イニエスタ選手の家族

 

f:id:PINV25E:20180723003936p:plain

 

妻はアンナ・オーティーズさん(32歳)1986年12月生まれ

子供は3人いるそうです。長女ヴァレンリアちゃん・2011年生まれ7歳。長男のパオロ君2014、次女・シエナちゃん 2017年生まれの1歳歳です。ちなみに、身長は、イニエスタ選手が171cmほどなので、ハイヒールの差を引くと、166cm~168cmほどになります。

 

 日本には家族も帯同する可能性が?

イニエスタは家族と専属スタッフと日本へ行く」地元ラジオ局が神戸との3年契約を報道・・・

バルセロナアンドレス・イニエスタの、ヴィッセル神戸行きの話が熱を帯びている。そして、そのスペイン代表MFに関する興味深い情報が舞い込んできた。

 現地時間5月8日、地元ラジオ局『Catalunya Radio』が報じたところによれば、神戸行きが噂されるイニエスタは、妻のアンナ・オルティスさんと3人の子ども、そして専属の理学療法士3人を引き連れて、「来日に向けて3年間の旅をする準備を進めている」というのだ。

 

なぜ日本の神戸ヴィッセルに?

実を言うと、バルセロナの現在スポンサーの中で、影響力のあるスポンサーが神戸ヴィッセルを所有している株式会社楽天ブループだからです。

 

試合後、イニエスタの一問一答

-Jリーグでデビューした感想は

 イニエスタ 個人としては、デビューできた喜ばしい日だ。ただチームが負けたのは残念。負けることは好きではない。

-Jリーグの印象は

 イニエスタ まだ分析するのは早い。ただ、Jリーグのレベルは、いいものを感じた。これから私も練習を続けて、状態を上げていっていいプレーをしたい。

-チームでの役割は

 イニエスタ 今までやってきたこと。中盤から攻撃の要になるプレーをやっていく。

-フル出場可能な時期は

 イニエスタ (次戦まで)1週間の準備期間がある。仲間との練習でコンディションを上げ、今日より多くの時間に出られるようにしていきたい。

-スペイン代表で戦ったフェルナンドトーレスもデビューした。

 イニエスタ 大切な友人。彼がデビューしたことを喜んでいる。

 

個人的は、もっと厳しい意見も神戸ヴィッセルチームの選手に言ってほしいです。まだ1試合ですが、正直、世界レベルと国内のJリーグはレベルに差がありすぎるように感じます。まるで子供と大人ぐらいの差があります。日本の選手は、技術があり、ディフェンスが上手いと言いますが、それはごく一部の一握りの選手でありますし、ワールドカップの試合を見た限り、実践でも使える技術ではなく、あくまで練習の上での話になります。せっかく、今回、めったに遭えることのない、イニエスタ選手が来日しているので、せっかくなら、観客動員数を増やすだけでなく、チーム全体、もしくは、日本全体のレベルが上がるような助言やアドバイス、もしくは技術提供をしてもらいたいなと感じました。

 

イニエスタ選手個人の実績・・・
UEFA欧州最優秀選手賞:1回 (2012)
UEFA欧州選手権大会最優秀選手:1回 (2012)
UEFA欧州選手権ベストイレブン:2回 (2008, 2012)
UEFA欧州選手権ファイナル・マン・オブ・ザ・マッチ:1回 (2012)
UEFAチャンピオンズリーグベストプレーヤー:1回 (2011-12)
UEFAチャンピオンズリーグファイナル・マン・オブ・ザ・マッチ:1回 (2015)
バロンドール :(2009年 4位)
FIFAバロンドール:(2010年 2位, 2011年 4位, 2012年 3位)
オンズドール:1回 (2009)
リーガ・エスパニョーラ 最優秀スペイン人選手賞:1回 (2009)
リーガ・エスパニョーラ 最優秀選手賞:(2008-09 2位, 2011-12 3位)
IFFHS World's Best Playmaker:2回 (2012, 2013)
リーガ・エスパニョーラ 最優秀攻撃的ミッドフィールダー:5回 (2009, 2011, 2012, 2013, 2014)
Marca Legend Award:1回 (2011)
FIFAコンフェデレーションズカップ2013 シルバーボール:1回 (2013)
FIFAプスカシュ賞:(2009年 2位)
FIFAワールドカップ ベストイレブン:1回 (2010)
FIFAワールドカップファイナル・マン・オブ・ザ・マッチ:1回 (2010)
FIFA FIFPro World XI:7回 (2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2017)
UEFAチャンピオンズリーグベストチーム:1回 (2014-15[90])
UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー:4回 (2009, 2010, 2011, 2012)
ESMベストイレブン:1回 (2010-11)
ゴールデンフット賞:1回 (2014[91])
FIFAクラブワールドカップ2015・ブロンズボール:1回 (2015)