大阪府堺市 家族間殺人事件 足立朱美の計画性・・・

今年3月、練炭自殺にみせかけて、弟(40)を殺害したとして大阪府警に6月20日、逮捕された足立朱美容疑者(44)。その動機はいったい、何だったのか。

 

阪堺市、3月足立朱美容疑者の弟「足立聖光さん」が実家の2階のトイレで亡くなられていました。

現場のトイレには燃えた練炭が置かれていて、足立聖光さんは一酸化炭素中毒が原因と確定しています。

現場検証時は、自らの手で亡くなられたような状況だと言われていました。

その時点では、自害とみられていたのですが、2階で一緒に倒れていた母親が意識を取り戻して、足立朱美容疑者が作った抹茶オレを飲んだ後に急に眠気がきて寝てしまったと供述しており、現場には、遺書とみられる物もありましたが、足立聖光さんの妻からすると普段使わない言い回しだったと言われています。

足立聖光さんの遺体からは睡眠導入剤が検出され、同じ種類の睡眠導入剤が足立朱美容疑者の自宅からも発見されています。

そのことから足立朱美容疑者は、弟の足立聖光さんに睡眠導入剤を飲ませて練炭を燃やし殺害した疑いで逮捕されました。

f:id:PINV25E:20180626010828j:plain

 

殺された弟の聖光さん

 

f:id:PINV25E:20180626010931p:plain

 父親が経営していた建築会社を最初は姉弟で切り盛りしていたが、6年ほど前に弟が独立。朱美容疑者が父親の後を継ぎ、社長となり、関係に亀裂が生じたという。

「弟の会社が朱美容疑者の会社より業績が好調だった。仕事で競合することもあったようで、朱美容疑者が嫉妬し、弟の会社がなくなれば、業績をアップさせることができると犯行に及んだのではないか」(捜査関係者)

 だが、それだけで弟に手をかけるというのは、あまりにも短絡的に思える。朱美容疑者の知人はこう話す。

「朱美容疑者は、建築関係の資格や教員免許も所持していて頭の回転が早く、クレバーです。けど、気に入らないことがあり、頭に血が上ると激情して、何をするか手が付けられないところがある」

 すでに本誌が報じたように朱美容疑者が自作自演のカモフラージュで墓穴を掘り、逮捕されるきっかけとなったのは、自身を正当化する「怪文書」を4月、ばら撒いたことだった。名誉毀損容疑で家宅捜索を受け、大阪府警が朱美容疑者のパソコンなどを押収し、解析した結果、殺人容疑での逮捕へつながったのだ。

 朱美容疑者の自作自演といえる奇妙な犯行はこれだけではなかった。実は2006年8月にも事件を起こしていた。当時、朱美容疑者は郵便局に勤務する夫、子供らと暮らしていたが、離婚問題が浮上。

 子供の親権をどちらが有するか、夫婦間で揉めていたという。

 すると、朱美容疑者は夫の定期に大麻を隠す、という行動に出た。

 夫が仕事に出て行くと、朱美容疑者は匿名で「大麻を持っている男が駅にいる」と警察に通報。警察が駆け付けたという。

「朱美容疑者は、匿名の通報だけではなく、事情をよく知らない女友達に夫の細かな特徴を伝えて『自分は顔を知られているので代わりに警察に突き出してほしい』と依頼。通報で駅にやってきた警察を女友達に誘導させ、夫を捕まえさせた。しかし、夫は大麻の所持を否認。女友達に警察が詳しく事情を聴くと頼まれたと供述し、朱美容疑者の自作自演がバレて、大麻取締法違反(所持)容疑で書類送検された」(前出の捜査関係者)
とんでもない犯行の動機について朱美容疑者は当時、「夫が逮捕され刑務所行きになれば、離婚後、子供の親権が自分のものになると思った」と語ったというのだ。

 虚偽の罪で夫を逮捕させてでも自分の思い通りに物事を運びたいという恐るべき執念。

「夫は警察に対して『以前、飲み物を飲んだら急に具合が悪くなった。折り合いが悪い妻が何かを入れたのではないか思った』『大麻を入れたのは妻だ』などと説明していた。朱美容疑者は、犯行がばれた直後、離婚した。朱美容疑者には多額の借金もあったようだ」(前出の捜査関係者)

 夫とも金銭面でトラブルが絶えなかったという。

 今回の殺人と大麻事件には共通点があると捜査関係者はみる。

 今年1月には糖尿病の持病を持つ父親が朱美容疑者の作った甘酒を飲み、2度も緊急搬送されていた。父親はその後、低血糖の症状を発症し、植物状態になっている。

 母親も弟が実家で殺される直前、朱美容疑者に勧められた抹茶オーレを飲み、昏睡状態になっている。

「朱美容疑者は弟だけでなく、両親にも多額の保険金をかけていたとの情報もある。動機について捜査を急いでいる」(同前)

 否認を続けている朱美容疑者。「壮大な悪の企み」を描いていたのだろうか?(今西憲之)

週刊朝日オンライン限定

 

 弟への怪文書

朱美容疑者が3月に亡くなった弟、聖光さん(40)の親族を中傷する文書を作成し、弟宅近辺で撒いていた疑いがあり、大阪府警が調べているのだ。 

「捜査をはじめると、決定的に疑わしい怪文書がまかれたのです。特定の個人を指摘して、名誉棄損の疑いがあり、その容疑で明美容疑者の会社などを捜索し、パソコンなどを押収。すると朱美容疑者のパソコンで作成され、印刷された形跡があることがわかった。要するに墓穴を掘ったのです」(捜査関係者) 

 怪文書が撒かれたのは4月末だが、本誌はその文書を入手。フリーライターが書いたように装って、朱美容疑者を擁護する内容となっている。***以下は本誌が入手した怪文書全部

 先日、お亡くなりになられた 昇建築工房 代表取締役社長 足立聖光様 の通夜葬儀に参列した方々から、穏便でない噂を耳にし、聞き込み取材を進めておりました。

 警察・救急・消防・病院・関係各社から色々お話を伺いまして、現在深刻な状況下にあることがわかりましたので、お伝えいたします。もし、真偽のほどを確かめたい方は、直接お聞きになられたら、納得していただけると思います。

 まず、足立氏は自殺であること。その発見者は、お姉様(編注:朱美容疑者)と奥様であること。救急要請の電話をかけたのは、お姉様。

 その時、●●である●●氏に奥様が電話。(この行動を警察は怪しんでいる)

 救急隊員が駆け付けた時、泣きながら必死に足立氏の心臓マッサージをしていたのは、お姉様で、救急隊員が交替し、救急搬送。病院で死亡が確認され、お姉様は、一人呆然と待合室で待ってたが、医師が説明に待合室に行くと奥様と●●氏は不在で、しばらくして、二人で戻ってきたとのこと。検視の為、警察へ引き渡す旨を伝え、お姉様はお母様が心配なので先に一旦帰宅。その間、奥様と●●氏はコソコソ廊下で話をしていて、看護師たちからは親密な仲に見えたと証言もあり。その後、二人も帰宅。病院の外でタクシーを待つお姉様をガードマンが見ており、奥様と●●氏はお姉様を無視して、お姉様を置いて、二人で車で帰宅したとのこと。

 検視官からの話では、「遺書もあり、状況的にも物理的にも自殺と断定したにもかかわらず、奥様と●●氏がお姉様が怪しいので捜査するように要請。警察は、お姉様の犯行は、ありえないと何度も説明したが、二人は引かなかった。

 別室でお姉様が寝込んでる間も、奥様と●●氏は別室で二人コソコソ話をし、警察から見ても、お姉様の反応の方が正常で、二人の関係を怪しく思ったという声もある。●●氏には、席をはずしてもらい、奥様とお姉様に自殺としか考えられないと伝えたが、奥様がお姉様の前で、お姉様を捜査するように申し出た。お姉様は、言葉も出ない様子だったが、奥様に気を使いこの子がショックでしょうから、この子の気が済むなら、いくらでも捜査してくださいと言われました。警察は、同情しましたよ。と言い、また今までの経験上、自殺という身内で隠したい事件があったにも関わらず、警察が行った時には、身内以外の男性がいることに驚きました。また、その●●氏を呼んだのが、奥様で検視の間も●●氏はズカズカ踏み込んでましたので、お姉様とお母様は、お辛かったと思いますね。お姉様は、ショックで呆然とする中、奥様と●●氏はずっと別室でコソコソ何か相談するような感じで話しており、悲しんでいるようには見えませんでした。警察も二人の仲を疑いましたが、お姉様から何も言われなかったので、介入しませんでしたが、旦那様が亡くなって、2、3時間もたってない状況で、お姉様を犯人扱いできる神経も疑いましたね。結局、捜査の結果、やはりお姉様が犯人の可能性などなく、自殺と断定しました。」
周りの方々にもお話を伺いましたが、お姉様が犯人扱いされたと話すと、皆憤りを隠さず、ありえない! と、奥様と●●氏の言動に反発していました。また、●●氏が入れ知恵したのだろうとの声も多く、●●氏を良く言う人がいないことに、少々驚きました。調子がいい、人を見る、人を見下す、やりっぱなし、寝返るという声が多く、元社員からも●●氏に対しては、良い評判はありませんでした。奥様の評判も、友人とご近所では、正反対の意見で、二面性を持っていたようです。

 会社関係者に聞くと、現在●●氏が●●となり、足立氏の奥様は取締役となったそうですが、お姉様の会社にはその案内すら届いておらず、また、いまだに謝罪もないとのこと。謝罪がないんですよ!!

 ●●氏は、お姉様の会社を潰すのが目的で、お姉様を犯人に仕立て上げようとした? と考える人たちも多く、また、奥様と●●氏が愛人関係という噂もあり、そうなると、お姉様だけでなく、足立氏も裏切られたということになり、増々怒りしかない。

 奥様と●●氏が共謀して、足立氏を自殺に追い込み、まんまと会社社長の座を手に入れたと冗談とも本気ともつかないことを言う人もおり、そういわれると、やはり二人の関係が気になる上に、二人の陰謀説を無視はできないかもしれない。

 これが、大人として、また会社の代表として非常識にも程があるということに気づかないのだろうかと不思議で仕方ない。

 現在の聞き込み取材では、やはりどうしても、お姉様に同情する声しか聴けず、また何を考えて、お姉様を犯人扱いしたのかという疑問に包まれている。そして、いまだに謝罪もないということは、まだ、お姉様を疑っているのか? と怒りをあらわにする関係者も多い。足立氏とお姉様は、はたから見ても本当に仲のいいご兄弟だったそうで、お姉様の心境を考えると、胸が痛くなります。お姉様は、お父様とお母様の看病をしながら、会社経営をし、しかし、弟様の死と身内から犯人扱いされたショックでPTSDに苦しみながら、現在も口を閉ざしている。49日があければ、法的手段も視野に入れてるとの話もあります。
また、お姉様は犯人扱いされたこともあり、弟様の法要に出席もできず、足立家の長男のお墓も仏壇もあるにもかかわらず足立氏のお骨は帰ってきておらず、そこに疑問を寄せる声も多い。

 ●●とお付き合いをされてる会社関係者の方々は、この事実を知って、どうお考えになりますか?

 果たして、闇に閉ざしていい問題なのでしょうか? お姉様の受けた精神的苦痛を考えてみてあげてください。

 自分たちがお姉様に与えた苦痛を隠蔽し、何食わぬ顔で新体制で…と案内状を送付し、何もなかったかのように、会社が動いていく。いずれ、お姉様からの法的措置があるかもしれないが、この会社と付き合いをしていて、大丈夫なのか? との不安の声も多く、またお姉様のことを考えて、この会社と付き合いをしていくことに苦悩する関係者も見られた。

 また、足立氏だからお付き合いしていただけで、●●氏とお付き合いするつもりはないと断言する人も多かった。

 お姉様の会社の評判は良く、昇を通さず、直接やりとりをしようと考えている会社も結構あることがわかりましたが、お姉様の会社を何としてでも潰したいのであれば、この後、●●氏が何をしでかすかわからないとの声もある。

 ただ、お姉様は司法書士の資格もあるほどの頭のいい方だそうで、何か策はとるだろうとの見方もありますが…

 一人苦しんでおられるお姉様のことを考えると、皆様にも●●氏と奥様の言動や非常識なやり方を公表せずにはいられず。

 通夜葬儀も、お姉様には相談も打ち合わせもなかったため、関係者を呼べず、身内での葬儀をできずに、会社葬をされたご家族の心境を今一度お考えください。
足立氏関係者代表

※文中の●●については編集した。AERAによる情報・・・

堺市で今年3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして殺人容疑で逮捕された水道工事会社社長、足立朱美容疑者(44)が事件前、インターネットで「練炭自殺」「睡眠薬」などの言葉を検索していたことが捜査関係者への取材で分かった。大阪府警は、足立容疑者が殺害や偽装の方法を周到に計画していたとみている。毎日新聞

 

足立朱美容疑者:「(Q.自殺だと思うか?他殺だと思うか?)普通に考えて自殺だと思います。(会社の関係者から)なんらかの圧力が掛かったか、弟が知られたくないことを弱みを握られたか」
 逮捕前のインタビューで自殺の可能性を強調していた朱美容疑者。10代後半の息子がいて両親とは別の家で暮らしていたが、この日はなぜか前日から泊まったという。一方、亡くなった聖光さん。実家を出て別の建設会社の社長をしていた。事件当日は、妻に「忙しいけどちょっと寄る」とメールをして実家に行ったとされる。そこで、事件が。遺体を見つけたのは妻。朱美容疑者に呼び出されたという。
 足立朱美容疑者:「義妹(弟の妻)がトイレのドアを開けて、『いやー』と一言、言って弟を引きずり出したんですけど、その後、私が心臓マッサージをしている間は(義妹は)『死んだ』と決め付けて電話していて、まだ温かいから『まだいける』と思いながら、ちょっと違和感を感じながら(マッサージをしていた)」
 自らの関与を否定するような説明だが、警察の見立ては逆だ。聖光さんは、朱美容疑者に睡眠薬を飲まされてトイレに運ばれたとみられる。飲まされた家族は1人ではなかった。家族の異変は他にも。朱美容疑者の父親は1月、なぜかインスリンを大量に摂取。現在、脳死状態だ。この件について朱美容疑者は、弟・聖光さんの関与をにおわせていた。
 足立朱美容疑者:「(Q.遺書の内容は?)父親にインスリンを打ったということと、私の会社を吸収しようと思っていたと」「(Q.(父親も弟も)心当たりは全く?)ないです」
 異変はまだあった。聖光さんの自宅周辺には事件後、こんなビラがまかれたという。
 4月にまかれたビラ:「聖光の妻は同僚と愛人関係にある。2人が聖光を自殺に追い込んだ」
 しかし、このビラに関連するデータが朱美容疑者の自宅のパソコンから見つかった。父親が倒れた後、聖光さんは妻に「朱美は気を付けろ」と話していたという。聖光さんの事件に関して警察はいくつもの不審な点を発見しているという。例えば、自殺をしたとされるトイレは接着剤で扉に目張りがされていたが、接着剤の容器や練炭を燃やしたマッチなどは別の部屋にあったとされる。警察は、聖光さん殺害の詳しい経緯を調べるとともに父親の件についても調べている。

 

足立容疑者が引き継いでいた会社 "大一水道"

正式名:「大一水道株式会社」
住所:大阪府堺市中区深井中町1135-4
TEL:072-279-4498
FAX:072-270-5882
E-mail:daiichisuidoukk@peace.ocn.ne.jp
設立:1974年 2月
資本金:2000万円
代表者:足立朱美
会社のホームページは

www3.hp-ez.com


従業員数:9人
諸登録:建設業許可 大阪府知事(特-27) 第23680号 土木工事業・建設工事業・管工事業
業務内容:
設備全般(老人ホーム・店舗・戸建て・マンション等)
本管工事
引き込み工事
引き替え工事
スプリンクラー設置
漏水修繕工事
指定給水装置工事事業者
給水装置主任技術者
管工施工管理技術者
土木施工管理技術者
建設業許可


生野東特別養護老人ホーム排水竪管