小島一朗 発達障害とメディアの問題点?

走行中の東海道新幹線の車内で男が乗客をナタで襲い、3人が死傷した事件で、逮捕された男の事件前の行動が少しずつ明らかになってきました。男が「事件前、数か月間長野にいた」と供述していることが新たにわかりました。

 「小島容疑者が横浜地検小田原支部に送検されます」(記者)

 11日朝、殺人の疑いで検察庁に送られた、愛知県岡崎市の無職、小島一朗容疑者(22)。9日、走行中の新幹線の中で、突然、男女3人の首などにナタで切りつけ、梅田耕太郎さん(38)を殺害した疑いが持たれています。

 「キャーっという叫び声と雪崩みたいに人が来てドミノ倒しになった。ただ、ただ、怖かったです」(乗客)

 9日午後9時45分ごろ、事件は東京発、新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」で起きました。東京駅から12号車に乗りこんだという小島容疑者。新横浜と小田原の間を走行中、突然、隣に座っていた27歳の女性に対し、持っていた刃渡り30センチほどのナタで切りつけました。女性が、しゃがみこむようにして後方の車両に向かって逃げると、小島容疑者は、通路を挟んで隣にいた26歳の女性にも切りつけました。

 逃げる2人をかばうように席を立ったのは、小島容疑者の2つ後ろの席に座っていた梅田さんでした。小島容疑者は、梅田さんに馬乗りになって、ナタをたたくようにして、何度も切りつけたということです。

 「一瞬の出来事だったので、切りつけている感じだった。無言で切りつけている感じ」(目撃者の男性)

 「『逃げて』って聞こえて。男の人が刃物を振り回しながら、ゆっくり徐々に近づいてきた」(目撃者の女性)

 首など数十か所を切りつけられた梅田さんは死亡。女性2人もけがをしました。事件後、新幹線は小田原駅に臨時停車。現行犯逮捕されました。

 「(小島容疑者の)目は狂気の目みたいな感じで、ずっと一点を見つめているような感じ」(乗客)

 調べに対し、小島容疑者は「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」と容疑を認めているということです。

 「(小島容疑者は)学校には中学3年になると、ほとんど行っていない。本人は私の前では『行っている』と言っていた」(小島容疑者の父親)

 親族によりますと、小島容疑者は中学2年生の頃から不登校になり、両親の元を離れて自立支援施設に入所。両親と折り合いが悪く、祖母の養子になりましたが、家出を繰り返し、就職しても長続きしなかったといいます。

 「普段から笑顔もありましたし、至って普通の青年、若者。なんで彼がという感じ」(小島容疑者の元同僚)

 「人生においてやり残したこと。冬の雪山での自殺」

 自殺願望をメモや日記に記していたという小島容疑者。去年12月、「自殺をする」と言って、家を飛び出したといいます。

 「自殺するためにロープと紙おむつを持って出かけた。家出するときに一銭もないと飢えて死ぬから、私の年金(のカード)をあげた。70万円くらいあったかな」(小島容疑者の祖母)

 最終的には祖母のカードを使い、30万円から40万円を下ろしていたという小島容疑者。去年12月から、事件までの足取りも、少しずつ明らかになってきました。

 「事件前、数か月間長野にいた」(小島容疑者)

 こう供述している小島容疑者。長野県内で野宿を繰り返していたということです。

 「自殺願望多くて、長野県の諏訪湖、死ぬんだったら諏訪湖が良いって」(小島容疑者の祖母)

 今年3月には、長野県上松町で小島容疑者とみられる男が川沿いで野宿をしていて、警察に職務質問を受けていたことが新たにわかりました。また、小島容疑者は「ナタは新品を自分で買った」と供述していることが分かりました。面識のない男女に無差別に切りつけた今回の犯行。亡くなった梅田さんについて、近所の人は・・・

 「すごく感じのいい方だったので、ショックは大きいです」(近所の住人)

 去年4月から、外資系の化学メーカーで新規事業の開発などを担当し、明るく、同僚からも慕われていたといいます。会社の社長は11日、「強い憤りを感じます。女性を助けようとしたと伺っており、大変勇敢な行動で、会社としても誇りに思います」とコメントしました。けがをした女性も・・・

 「すぐに助けていただいたのに亡くなられた被害者の方には本当に申し訳ない気持ちです」(けがをした女性)

 乗客によりますと、事件が発生した際、座席のシートを取り外し、「盾」として持ったまま逃げる人が相次ぎました。JR東海は、「乗務員には脅威が発生した場合には座席シートなどを使って防御する教育をしている」と明らかにしたうえで、「断じて許されない行為。安全の確保に引き続き、取り組んでいく」とコメントしています。

 

小島一朗

年齢:22歳

職業:無職  前職は愛知県の会社(就業期間不明)や埼玉県の松山市の機械修理会社で、1年ほど勤務していたそうです。

出身地:愛知県岡崎市蓑川町(みのがわちょう)

定時制の高校(愛知県立一宮高等学校または愛知県立起工業高等学校)を卒業後、職業訓練校に進学しました。

 

どんな人物だったのか?

勉強が得意だったようで、成績はオール5だったそうです。ただ、小学校5年生の時に、発達障害が学校に言い渡されてから、中学2年生まで自閉症と言われていました。同級生や近所の評判では、さほど、目立たないがこだわりが強い印象だと受け取られていました。

自称小島一朗容疑者の親族の女性は十日未明、愛知県岡崎市内で取材に応じ、小島容疑者について「三年ほど前に『おれは自殺するんだ。生きている価値がない』と言って(岡崎市内の)家を出て行った」そうです。

家にいた頃の様子については「引きこもっていて、靖国神社出雲大社などの神社の本をよく読んでいた」そうです。

このことから、どうも知的なモノに対するコンプレックスや執着があるようです。

また幼少期に関してなのですが、幼い頃は人気があったのですが、成長するにつれ、周囲に馴染めなくなっていったようです。

 

とにかく、発達障害と言っても、注意力の散漫、読み書き、計算ができない、感情をうまく表現できないといった、多岐に渡り、その症状の現れ方も様々です。

 

なぜ今回のような事件を起こしてしまったのか?

どうも、はっきりは分かりませんが、5年程前まで一宮市の自立支援施設に両親に預けられてしまいましたが、その施設に預ける前に段階で、ほぼ育児放棄に違い状態であったという噂も出ています。自閉症発達障害は本来、刑法に引っかかるような犯罪を犯す要因には成り得ない精神的な病状ですが、両親のケアも悪かったのかもしれません。

ちなみに、今回の事件で、女性を庇って亡くなられた梅田耕太郎さん(38)にご冥福をお祈りします。梅田さんは会社員だったので、おそらく、仕事か出張のための移動中だったのでしょう。

 

 

また、メディアの問題点として指摘されているのは、事件が起きたその翌日に、小島容疑者の、持ち物である手記を公開してしまったことです。まだ、事件の取り調べや、検察の起訴内容が事実かどうかの確認がなされていない状況だったので、もはやプライバシーの侵害にもあたるのかと思います。