星座別 男性 付き合い方 恋愛

彼が牡羊座の場合(3月21日~4月19日生まれ)思いっきり甘えて

牡羊座は、男らしい血液型のため、思いっきり甘えて大丈夫です。牡羊座の男性は、シンプルな性格をしているため、余計な駆け引きをせず、ドンドン甘えてください。「あたながいて良かった」「頼りになる」などと、信頼していることを言葉で示すと喜びます。

 

彼が牡牛座の場合(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座は、グルメやファッションや趣味などにこだわりを持つタイプが多いので、彼の趣味や、趣向を思いっきり褒めてあげると喜びます。「その服かっこいいね」「その服オシャレだね」「この間、連れてってもらったお店、おいしかった」「私も好き」などと、彼の趣味や趣向を褒めると喜びます。

彼が双子座の場合(5月21日~6月21日生まれ)

新しいモノ好きで、自分が知らない情報を知っている人を尊敬する傾向があるため、様々な新しい情報を提供してあげましょう・・・

彼が蟹座の場合(6月22日~7月22日生まれ)

おおらかで優しく、その場その場を楽しみたい傾向が強く、子供のように恋愛も楽しみたいといった特徴があります。ですから、付き合いだすと、子供っぽく感じ、わがままに映るかもしれまさえん。ですから、彼の態度はいちいち気にせず、彼がすねても、あなたは大らかに構えていれば大丈夫です。たまに、「やっぱりあたなが一番」「大丈夫だよ、いつまでも好きだよ」などと褒めてあげると喜びます。

彼が獅子座の場合(7月23日~8月22日生まれ)

獅子座の彼の場合、プライドが高いので、褒め殺しにするぐらい褒めても大丈夫です。当然、彼が好きなことがは、「さすが!」「すごいね!」「大好き!」「ありがとう!」など感謝や尊敬、愛情をストレートに表現しても大丈夫です。

彼が乙女座の場合(8月23日~9月22日生まれ)

人知れず、マニアックな知識を持ったり、トコトン趣味に精通したりするので、そこの部分を褒めてあげると喜びます。「そんなこと初めて聞いた!」「そんなこと知らなかった!」「よくそんなこと知ってるね!」「すごい!詳しいね!」など、彼の知識を褒めてあげると喜びます。

彼が天秤座の場合(9月23日~10月23日生まれ)
天秤座の男性は、上品で優雅。紳士と表現するにふさわしいタイプが多いです。彼女には、洗練されたオシャレな女性を好むため、下品な言動は苦手。

上質なものの価値を正しく判断して「きれいね」「すばらしい」と賞賛すれば、彼は「この人を彼女に選んで良かった」と誇らしい気分になるでしょう。

彼が蠍座の場合(10月24日~11月21日生まれ)
好きになればとことんのめり込んでいく蠍座の彼。彼女には深く強い愛情を一途に注ぎます。

そんな彼と同じテンションで愛情表現できる彼女には、運命を感じるに違いありません。「世界で一番好き」「ずっと愛してる」「いつまでも、一緒にいようね!」など、やや重めの言葉が彼の心をわしづかみにします。運命の赤い糸をイメージさせるようなことを言うと彼は喜びます。

彼が射手座の場合(11月22日~12月21日生まれ)シンプルに「好き」
射手座の男性は、情熱的でなおかつ、自立心が強い傾向があります。ですから、「あなたのことが好き」「いつもありがとう」などその愛情や感謝の気持ちなどをシンプルに表すことでその好意を伝えられますし、彼氏も喜びます。また、射手座の男性は、我慢強く、愚痴を言わない傾向が強いので、湧き上がる感情のままに行動します。理性で恋をコントロールできないので、「大丈夫?」「気にしないで」「ゆっくりして」など、ホッとできる言葉にも弱いみたい。

彼が山羊座の場合(12月22日~1月19日生まれ)
山羊座は、恋愛を結婚と直結させて考えるタイプ。女性として色気があるかどうかより、人間としてしっかりしていることを重視しますし、古風で慎ましやかな人を好みます。

そのため、彼氏が残業などでデートをドタキャンしても、「会えないのは残念だけど……仕事が大変そうだね」「私のことはいいから、頑張って」と彼女に言われれば感動するでしょう。

彼が水瓶座の場合(1月20日~2月18日生まれ)
独特の感性を持ち、理性を見失わない水瓶座は、甘い愛の言葉に翻弄される人ではありません。

恋人とスイートなおしゃべりをするより、お互いに興味のあることで議論する方が、気分は上がるはず。しかも、彼女が周りの意見に流されず、「私が個人的に思うのは……」と自分の言葉を紡ぐことが、水瓶座の男性とのコミニケーションを円滑に進められる秘訣です。

彼が魚座の場合(2月19日~3月20日生まれ)
ロマンチストな魚座男性は、女性をドキッとさせる言葉を素で言えるタイプ。その分、ストレスに弱く、あなたのそっとした気遣いが必要になります。また、自立心は強いものの、自分が頼りないことも自覚しており、母系的な女性に惹かれる傾向が強いです。女性から言われてうれしい言葉は、「がんばってね」「私が最後までついているから安心して」「私のことはいいから、頑張って」などの言葉に弱いです。逆に、「期待している」「頼りにしている」などという言葉はさほど喜びません。