世界情勢に関心があり、自分が、重要だと感じたり、自分の意見を少しずつ、交えながら書こうと思います。

普通に考えれば、米朝問題は?

 私は今まで、北朝鮮とアメリカは最終的に、和平条約を結ぶことを前提として、外交戦略を進めていると思っていましたが、【ソウル聯合ニュース】韓国政府の消息筋は18日、同日午後に米軍の戦略兵器である最新鋭ステルスF35B戦闘機4機とB1B戦略爆撃機2機が朝鮮半島に同時展開され、韓国東部の江原道・太白の射撃場で爆撃訓練を実施したと明らかにした。訓練は北朝鮮の6回目の核実験や中距離弾道ミサイル「火星12」発射に対抗する武力示威として行われた。

 米軍機は韓国空軍の主力戦闘機F15K(4機)と合同訓練を実施した。北朝鮮が3日に核実験を行って以降、米軍が戦略兵器を朝鮮半島に展開したのは初めて。

 F35BとB1Bの同時展開は先月31日に続き2回目となる。

 2機のB1B機はMK84爆弾をそれぞれ1発投下した。同爆弾は誘導機能を備えておらず、精度は低いものの、北朝鮮軍の地下施設破壊に使われる。投下されたMK84が地上で爆発すると、直径13メートル、深さ3.6メートルの穴ができるほど威力が強い。

 4機のF35B機は精密誘導弾GBU32の模擬爆弾をそれぞれ1発投下。韓国空軍の4機のF15Kのうち2機がMK82爆弾(模擬)をそれぞれ2発投下した。

 訓練で投下されたのは実際の爆弾2発と模擬爆弾8発の計10発。

 韓国軍関係者は「F35BとB1Bは爆弾投下訓練後、軍事境界線付近に北上し、京畿道の東豆川の上空まで武力示威のための飛行を行った」として、「東豆川上空から東海岸に抜けた」と伝えた。F35Bが北朝鮮付近の上空まで飛行したのは初めて。軍関係者は「北の挑発への強力な報復意思を示すため、境界線近くまで飛行した」と説明した。

 

この記事を見たとき、正直、今までの私の予測や、有識者の意見は間違いではないのかと思いました。さらに、経済制裁を徐々に強めることで、原油仕入れることを困難な状態に北朝鮮を追い込むアメリカ。こうなると、しまいに、北朝鮮は、今後、戦前の大日本帝国同様、海上封鎖されたため、戦争に踏み切りざるを得なかった状況と酷似した状況になります。

 まさか・・・2018年、解散総選挙後に、安倍政権は憲法改正に踏み切る可能性が取り上げられていますが、2018年から、米朝戦争が始まる可能性があるかと感じます。

 

 

一刻も早く、日本は北朝鮮と対話に持ち込み、戦争を避ける戦略を立てなければいけません。