世界情勢に関心があり、自分が、重要だと感じたり、自分の意見を少しずつ、混じえながら書こうと思います。

トランプ 政権 クレプトクラシー 泥棒政治

【8月1日 AFP】米国はドナルド・トランプDonald Trump)大統領の下で、少数の権力者が公金を横領して私腹を肥やす「クレプトクラシー(泥棒政治)」の国と見なされかねない──。トランプ大統領の利益相反問題を批判し続け、先ごろ米政府倫理局(OGE)局長を辞任したウォルター・シャウブ(Walter Shaub)氏は、7月31日付の英紙ガーディアン(Guardian)のインタビューでそんな危機感をあらわにした。

 シャウブ氏はトランプ氏の行動について「大統領職から利益を得ているという印象を生み出しており、その印象がすべてだ」と指摘。「トランプ氏が利益のために意図的に大統領職を利用しているのかどうか、尋ねまわらなければならないこと自体が悲惨だ。そうした印象は政府の信頼を損ねている」と苦言を呈した。

 さらに、トランプ氏のこうしたイメージのせいで「米国がクレプトクラシー呼ばわりされ始める恐れもある」との見解を示し、米国にとって不当な評価につながりかねないと懸念している。

 トランプ氏に関しては、違法行為はしていないようだが「その決定が政策的な目的に基づくものなのか、それとも自らの事業に関わる利益のためなのかが分からない」点が問題だと改めて強調した。

 トランプ氏は今年1月の大統領就任に当たり、保有する広大な不動産やゴルフ場などの資産を長男のドナルド・ジュニア(Donald Trump Jr)氏が管理する信託に移管。しかし、就任後も週末をたびたび自身のゴルフ場施設で過ごし、首都ワシントン(Washington D.C.)にある高級ホテル「トランプ・インターナショナル・ホテル(Trump International Hotel)」で夕食を取ることもあった。

 同ホテルは米政府からリースされた建造物で運営されている。シャウブ氏はトランプ氏が連邦政府からリースされている形のホテルを運営するのは「非常に不適切だ」と述べ、「大統領であるならば米政府とビジネスをするべきではない」と批判している。<出入りの激しすぎるトランプ政権。これまでホワイトハウスを後にしたのは、この人たち>

Trump International Hotel

 

f:id:PINV25E:20170802003302j:plain

 

f:id:PINV25E:20170802003501j:plain

 

 

f:id:PINV25E:20170802003519j:plain

 

f:id:PINV25E:20170802003533j:plain

 

ちなみに、人事も異常事態が発生

 

”今年1月20日に誕生したトランプ米政権。半年ほどしか経っていないが、その迷走人事は世界で知られるまでになった。ニューヨーク・タイムズやロサンゼルス・タイムズなどを参考に、7月までにドナルド・トランプに別れを告げた主要人物たちを振り返りたい。"

 

f:id:PINV25E:20170802001323j:plain

 

サリー・イエイツ

(Sally Quillian Yates)

生年月日  1960年8月20日

アメリカ合衆国の検察官

司法長官代理
在任10日、1月30日解任。
バラク・オバマ前大統領の指名を受け就任した。トランプ政権に移行して早々に、難民とイスラム教徒の多い国の出身者の入国を禁止する大統領令を擁護しないよう、司法省の弁護士に働きかけていたのをトランプに邪魔だと思われた。トランプ側は、イエイツが「裏切った」と声明を発表。一方イエーツは書簡で「大統領令が合法であるとの確信もない」としていた。

f:id:PINV25E:20170721111728j:plain

 

マイケル・フリン(Michael Thomas Flynn)

生年月日 1958年12月

元アメリカ陸軍中将、2012年から2014年まで国防情報局長官を務めた。イラク戦争アフガニスタン戦争に従軍している
米大統領補佐官(国家安全保障担当)
在任22日、2月13日辞任。
ロシア当局者との接触について嘘をついたとして、就任後1カ月も経たずに大統領補佐官( 安全保障担当)を辞任した。トランプはフリンを「いい奴なんだ」と言って、FBIに捜査中止を要請していた。フリンの政権入りについては、バラク・オバマ前大統領も採用しない方がいいと警告していたという。

 

f:id:PINV25E:20170802002027j:plain

 

ジェームズ・コミー(James Brien "Jim" Comey, Jr) 

生年月日 1960年12月14日 

オバマ政権時代から、(FBI)長官を務めています。2013年9月4日 – 2017年5月9日
第7代連邦捜査局(FBI)長官

ブッシュ政権時代に、アメリカ合衆国司法副長官(2003年12月9日 – 2005年8月15日)とニューヨーク南部管轄連邦検事(2002年1月7日 – 2003年12月15日)を務めています。
在任109日、5月9日解任。
出張先のロサンゼルスで、テレビに流れる自分の解任を伝えるニュースを耳にしたコミー。冗談と思ったようだが、これはリアルだった。もともと大統領選でロシア当局がトランプ陣営と結託して介入したのではないかという疑いで捜査を進めており、解任数日前に捜査の拡大を要請していたという。CNNなどマスコミは「トランプとロシアの癒着に関する捜査妨害だ」と報じた。

ちなみに、身長が203cm

 

 

マイク・ダブキ
広報部長
在任85日、5月30日辞任を発表。
ショーン・スパイサー大統領報道官の業務を軽くするために、ホワイトハウスのプレスや広報関連業務を行う部門のディレクターを3月から務め、主にホワイトハウスのメッセージ戦略を担当していた。ダブキは声明で、「大統領や政権のために働くことはとても光栄だった」と発表したが、辞任の理由は明らかにしていない。

 

 

個人的には、北朝鮮との対話を早く進めてほしい思います。